転職に有利な資格

転職するなら、まず資格取得を目指そう!転職しようと思っても、何の資格も持っていないと必ずしも希望の転職先に就職できなかったり、転職すらかなわないことがあります。ここでは、転職に有利な資格を様々な分野からご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

ピックアップ記事

転職に有利な医療系の資格

転職に有利な医療系の資格

転職を志す人の中には医療系の仕事を希望する人も少なくないと思います。ここでは医療系の資格をご紹介しています。
>>詳しくはこちら

,

転職に有利な事務系の資格

転職に有利な事務系の資格

事務系の職種には医療系のものや各企業で活かせる秘書など、一言で事務系と言っても仕事内容は様々です。
>>詳しくはこちら

,

転職に有利な旅行・流通系の資格

転職に有利な旅行・流通系の資格

旅行・接客が好きというだけで転職できるほど旅行業界は甘くはありません。
>>詳しくはこちら

,

転職に有利な土木建築・設備系の資格

転職に有利な土木建築・設備系の資格

土木建築・設備系の企業は職種に合った資格を持っていれば年齢や性別を問わず転職が比較的有利にできます。
>>詳しくはこちら

,

資格取得のためのお勧めの通信講座

資格取得のためのお勧めの通信講座

インターネットの普及や資格の多様化によって勉強方法も変わってきました。お勧めの通信講座をいくつかご紹介します。
>>詳しくはこちら

,

このサイトについて

どの年代にも関わらず、転職をしたいと思う人は少なからずいると思います。

 

就職したものの、思っていた仕事内容と違っていたり、他にしたい仕事が見つかったりなど転職の理由は人それぞれだと思います。

 

しかし、実際に転職しようと思っても、何の資格も持っていないと必ずしも希望の転職先に就職できなかったり、転職すらかなわないこともあるのです。

 

そこで、転職したいと思ったらまず、資格取得を目指しましょう。
転職を成功させるためには、相応の準備が必要です。
自分がどんな職に就きたいか、どのような分野で働こうと思っているかを考え、それに役立つ資格を探しましょう。

 

ここでは、転職に有利な資格を様々な分野からご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

 

 

転職を希望する人の中には、医療系の職に就きたいと思う人も多いと思います。

 

今や医療系の職種は、高齢化に伴い高いニーズが期待できる分野です。
年間を通して求人がある上に、それに役立つ資格を取得することで、転職が非常に有利になります。

 

医療系の資格と言えば、看護師資格や介護福祉士などが代表的ですが、その他にもいろいろな職種がありますので、希望する職種に役立つ資格をぜひ取得して、転職を成功させてください。

 

 

その他にも、転職に有利な資格には、事務系の資格や旅行・流通系の資格、土木建築・設備系の資格など様々ありますので、きっと自分の希望する職に合った資格が見つかるはずです。

 

 

必要な資格を取得し、準備万端で転職活動をしていただければ幸いです。

転職に有利な資格についてのお役立ち情報

■資格を持っていれば、転職に有利?

 

何らかの資格を持っていれば、全ての転職の際に有利に働くかというと、そうではありません。
職種によっては、資格が全く必要がないものもありますし、資格よりも経験を重視する会社も多くあります。
る調査結果によると、資格が必須の求人は全体の15%に過ぎず、全く資格の有無を問わないというものは、80%近くにも上ります。
このデータからわかるように、資格を持っていても、必ずしも転職に有利というわけではなく、むしろ経験を重視されることの方が多いのです。
とはいえ、専門職の場合、その職に関する資格を持っていれば、転職の際に有利に働くことも多いにあります。
ではどのような資格が転職に有利なのでしょうか。

 

 

■医療系の資格は転職に有利

 

転職に有利な資格に医療系のものがあります。
医療系の資格には、薬剤師や医薬情報担当者と呼ばれるMR、看護師など、その資格を持っていなければ従事できない資格が多いですし、介護福祉士や医療事務など、比較的とりやすい資格もあるなど、様々な資格があります。
薬剤師やMRなどは、年をとってから資格を取ろうと思っても、難しいものも数多くありますが、看護師や介護福祉士、医療事務などの資格は、ある程度年齢を重ねていても、頑張り次第に取得することができます。
中でも看護師は、取得するまでの時間がかかりますが、取得すれば、働き場所に困ることがなく、転職に非常に有利になるはずです。
医療事務などの資格は、通信講座で学べるものもありますし、病院やクリニックは数え切れないほどたくさんあるため、転職に有利になると思います。
一度資格を取得すれば、自分の希望に合わせて働くことが可能であることもあります。

 

 

■建築系の資格は転職に有利

 

建築系の資格も、転職に有利な資格の一つです。
建築系の資格には、一級建築士や二級建築士をはじめ、商業施設士、測量士、宅地取引主任者、土地家屋調査士など、たくさんの資格があります。
一級建築士や二級建築士などは、相応の覚悟と知識、年月、実務経験などがなければ、取得することができないので、今すぐ取得しようと思っても無理ですが、中には努力次第で取得できるものもあります。
例えば、宅地取引主任者は、不動産取引が行える国家資格であり、不動産関係に転職をしたい方にとっては、非常に有利な資格です。
受験資格に制限がないので、誰にも取得することが可能であり、取得後は、待遇面で優遇を受けられるので、非常に転職に有利です。
建築系の職種に転職を希望されている方は、建築系の資格の取得をすることをおススメします。
どの資格が有利に働くかは転職先によって異なりますが、取れるものは取っておいて損はないと思います。