保育士 転職に有利な資格

転職に有利な「保育士」資格

転職に有利な資格の一つに「保育士」があります。

なぜ、保育士が転職に有利なのか、またなぜ医療系の資格に分類されているのかをご説明します。


近年では、女性の社会進出が目覚ましく、結婚・出産後も仕事を続ける女性は少なくありません。
しかし、保育施設の数が足りない状況が続いており、保育所などに預けたくても預けられない状態です。

その上、保育時間も必要な時間が確保できないため、やむなく勤務形態の変更や勤務時間の変更を余儀なくされることも少なくありません。

今や「保育士」は、保育所などの公共の保育施設だけでなく、様々な企業での就業が可能な職種です。

各企業が従業員のための保育施設を会社内に作っているところが増えており、中でも医療機関ではかなりの確率で専用の保育施設を完備しています。
看護師をはじめとする医療従事者が少しでも働きやすくするための処置であり、そのため「保育士」の雇用が年々増加傾向にあるのです。

そのため、この資格を持っていると転職に非常に有利です。

以下、「保育士」に関する情報です。
試験内容 筆記試験・マークシートによる択一式
実技試験・音楽・絵画制作・言語のうち2科目選択
試験日 筆記試験・8月上旬 実技試験・10月上旬
受験資格 大学に2年以上在学して62単位以上修得した方(見込含む)、短期大学・高等専門学校・専修学校専門課程の卒業者(見込含む)、平成3年3月31日までの高校卒業者、平成8年3月31日までの高校保育科卒業者、上記以外の方で高校卒業後、児童福祉施設で2年以上の実務経験がある方、児童福祉施設で5年以上の実務経験がある方、都道府県知事が適当な資格があると認めた方
応募時期 4月上旬〜5月中旬
合格率 正答率60%以上
受験場所 全国
勉強期間の目安 1年間
資格取得によるメリット 自分の経験が仕事に活かせる
資格に対応する通信講座・通学講座
  • 教材、添削、サポートも全部あわせて月々3,900円。
  • 実技試験もDVDでバッチリ。音楽も絵画も言語もOK。

ユーキャンの「保育士講座」

  • 要点をコンパクトにまとめたオリジナルテキストを使用。
  • ベテラン保育士による試験ポイントを押さえた分かりやすい実践講義。
LECの「保育士講座」

転職 資格関連情報