デンタル・アテンダント 転職に有利な資格

転職に有利な「デンタル・アテンダント」の資格

転職に有利な資格の一つに「デンタル・アテンダント」があります。

「デンタル・アテンダント」とは、新時代の歯科助手資格であり、従来の歯科助手資格とは異なり、講習会などでランクアップしていき、そのランクに合わせて仕事ができる資格です。

従来の歯科助手との決定的な違いは、インストラクター以上は、全国の講習会に登録派遣講師として退職後も単発的に仕事ができるので非常に転職に有利な資格です。
これから歯科助手資格を取得して、歯科の分野で働きたいと思う人や医療の現場で働きたいと思う人に非常にお勧めの資格です。

以下「デンタル・アテンダント」に関する情報です。
試験内容 多肢選択式の学科試験30分と実技試験60分
試験日 学科試験1月・3月・5月・7月・9月・11月の第4土曜日
実技試験2月・6月・10月の第4土曜日
受験資格 特になし
応募時期 学科試験・試験日の2週間前
実技試験・試験前月25日の消印有効
合格率 学科80〜85% 実技65〜70%
受験場所 学科試験・自宅または各学校
実技試験・東京の公式会場、東京から順次拡大されるので要確認
勉強期間の目安 2ヶ月〜
資格取得によるメリット 退職後も精力的に働くことができる、就職率がほぼ100%
資格に対する通信講座・通学講座 デンタルソフィア株式会社

転職 資格関連情報