柔道整復師 転職に有利な資格

転職に有利な「柔道整復師」の資格

転職に有利な資格の一つに「柔道整復師」の資格があります。

「柔道整復師」とは、業務として柔道整復を行うことができる国家資格であり、日本で柔道整復を行うことができるのは、医師と柔道整復師のみとされていることから、この資格を持っていると、非常に転職に有利と思われます。


私の経験から言わせていただくと、我が家の3人の子供達は揃って脱臼しやすく、末っ子に至っては1ヶ月に1度の頻度で肘が脱臼するほど非常に腕が抜けやすい体質です。
小さい子供は腕が抜けやすく、転んだり軽く引っ張っただけでも抜けることもあるので、そういう時は、外科のある病院に行くか整骨院などで治療を受けることになります。

その際に「柔道整復師」の資格を持っている人が必要になってくるわけです。

この資格を持っていれば、整骨院などで働くことができますし、非常にニーズが高い職種であると言えます。

小さい子供に限らず、捻挫や打撲、脱臼、骨折などは動きが活発な若い世代に多い怪我ですし、持っていれば転職に有利なだけでなく、実生活にも非常に役に立つ資格です。

以下、「柔道整復師」に関する情報です。
試験内容 200問の一般問題と30問の専門必修
試験日 年1回 3月上旬の日曜日
受験資格 高校卒業後、指定の学校・養成施設で3年以上柔道整復師としての知識・技能を修得した者
応募時期 1月上旬〜1月中旬
合格率 70%
受験場所 北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県および福岡県
勉強期間の目安 3年間
資格取得によるメリット 転職に有利なだけでなく、実生活にも役立てることができる
資格に対する通信講座・通学講座 通学のみ

転職 資格関連情報