精神保健福祉士 転職に有利な資格

転職に有利な「精神保健福祉士」の資格

転職に有利な資格の一つに精神保健福祉士があります。

精神保健福祉士とは、精神障害者の保健や福祉に関する専門知識をもち、社会復帰に関する相談援助をする専門職です。

昔と比べて、精神的な病に冒されている人が増えている現代では、精神面を支え、理解してくれる人が必要であり、この精神保健福祉士は比較的新しい国家資格なので、今後さらに人気が高まり、ニーズが増えると予想されます。

したがって、医療系の職種に転職希望の人は、この資格取得も選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

以下、精神保健福祉士に関する情報です。
試験内容 筆記試験のみ15科目 2日間
試験日 年1回 1月下旬
受験資格 大学等で「指定科目」を修めて卒業した者(卒業見込み者含む)、精神保健福祉士「養成施設」を卒業した者(卒業見込み者含む)
応募時期 9月上旬〜10月初旬
合格率 60%
受験場所 北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県
勉強期間の目安 2〜4年
資格取得によるメリット 幅広い分野で働くことができる
その他 社会福祉士の有資格者は、申請すれば、2日目の試験は免除
資格に対応する通信講座・通学講座 ユーキャン(休講中)

転職 資格関連情報