通関士 転職に有利な資格

転職に有利な「通関士」の資格

転職に有利な資格の一つに「通関士」があります。

なぜ、「通関士」が転職に有利かというと、この資格は貿易に関する唯一の国家資格であり、貿易の拡大に伴い、ニーズがどんどん高まっている職種だからです。

「通関士」の資格を持っているということは、貿易のスペシャリストとして評価され、貿易を行う商社やメーカー、流通業など幅広い分野で活躍することができ、転職の際に非常に大きなアピールポイントになります。

貿易関連の企業などに転職を希望する人は、「通関士」の資格をぜひ取得してください。
転職に非常に有利になること間違いなしです。

以下、「通関士」に関する情報です。
試験内容 マークシート方式
試験日 年1回 10月上旬〜11月中旬
受験資格 特になし
応募時期 8月上旬〜中旬
合格率 正答率60%以上
受験場所 東京都、新潟県、神奈川県、宮城県、兵庫県、広島県、大阪府、愛知県、静岡県、福岡県、熊本県、北海道、沖縄県及び財務大臣が指定するその他の場所
勉強期間の目安 6ヶ月
資格取得によるメリット 貿易関連の企業に転職可能なだけでなく、小売業など幅広い市場で働くことができる
資格に対応する通信講座・通学講座
  • 受講生の8割以上が学習経験なし。初心者にもやさしい効率的でわかりやすい教材です。
  • 学習内容について分からないことが出てきたら、経験豊富な講師陣が回答。
  • 教材、添削、サポートも全部あわせて月々3,900円。

ユーキャンの「通関士講座」

  • はじめて学習される方でも1回の受験で合格できるように組み立てられています。
  • 講師は通関実務経験豊富。
  • 「受講前」「受講中」「受講後」とそれぞれ違ったなやみについて応えます。
LECの「通関士講座」
  • 通学コース・通信コースから学び方が選べる。
  • 基本講座では評判の受験参考書をテキストに使用。
  • 実務経験豊かな講師陣と、万全の欠席時フォロー体制。
ヒューマンの「通関士講座」

転職 資格関連情報