貿易実務 転職に有利な資格

転職に有利な「貿易実務」資格

転職に有利な資格である「貿易実務」をご紹介します。


「貿易実務」の資格がなぜ転職に有利になるかというと、貿易事務を行う上でこの資格が必要であり、貿易を行う企業にとって欠かせない資格だからです。

各企業では、即戦力を求めており、「貿易実務」資格を持っていると貿易実務能力や知識がどの程度のレベルであるかを証明するものとして活用されているため、その資格保有者は転職の際に非常に有利になるのです。


貿易事業の拡大によって、「貿易実務」の資格者のニーズは高まっており、常に人材の需要が高いので、将来的にも安定した職種であると言えます。

そのため、貿易関連の企業や運送会社、航空会社などに転職を希望している人は、この資格を取得しておいて損はありません。

以下、「貿易実務」の資格に関する情報です。
試験内容 A級と準A級は選択式と記述式 B級とC級は選択式
試験日 年3回 3月・7月・12月
受験資格 特になし
応募時期 3月受験・1月中旬〜2月中旬 7月受験・5月中旬〜6月中旬 12月受験・10月上旬〜11月中旬
合格率 A級・7%、準A級・32%、B級・38%、C級・52%
受験場所 B級とC級は仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄の全国8会場、A級と準A級は東京、大阪、名古屋
勉強期間の目安 3ヶ月
資格取得によるメリット 幅広い分野で働くことができる
資格に対する通信講座・通学講座
  • 通学コース・通信コースから選べる学習スタイル。
  • 貿易実務検定試験も教室で受験できる。
  • 欠席時のフォロー体制も万全。
ヒューマンの「貿易実務講座」

転職 資格関連情報