気象予報士 転職に有利な資格

転職に有利な「気象予報士」の資格

転職に有利な資格の一つに「気象予報士」があります。

「気象予報士」の資格が転職に有利だということが意外に思うかもしれませんが、「気象予報士」は、流通業界には欠かせない存在なのです。

「気象予報士」は知っての通り、観測データを元に独自の天気予報を行う気象のスペシャリストですが、気候によって流通業界は左右されるので、この資格を持っていると、それらの業界への転職が非常に有利になります。

例えば、気候の影響を受けやすい建設作業や野外イベント、運航・運送会社にとって気候が業績に大きく関わるので、「気象予報士」からの最新の情報はなくてはならないものになっています。

そこで、それらの流通業界への転職を希望するなら「気象予報士」の資格を取得しておけば、有利に運ぶこと間違いなしです。

以下、「気象予報士」に関する情報です。
試験内容 学科試験・多肢選択式 実技試験・文章や図表で解答する記述式
試験日 年2回 1月下旬、8月下旬
受験資格 特になし
応募時期 1月受験・11月上旬〜11月下旬 8月受験・6月中旬〜7月上旬
合格率 8%
受験場所 北海道・宮城県・東京都・大阪府・福岡県・沖縄県
勉強期間の目安 8ヶ月
資格取得によるメリット 転職に役立つだけでなく、日常生活にも役立つ
資格に対応する通信講座・通学講座
  • ムリなく分かる、イラストや図解満載のテキスト。
  • 気象現象をDVDで立体的に体感できる。
  • 本番に勝てる!DVD「これでナットク! 実技試験対策講義」

ユーキャンの「気象予報士講座」

  • 通学コース・通信コースから選べる学習スタイル。
  • 気象予報士パイオニア校の、10余年の実績ある合格指導が受けられる。
  • 現役の気象予報士が指導。
ヒューマンの「気象予報士講座」

転職 資格関連情報